みーふぉんブログ

嗅覚脱失者の日々を綴る雑記ブログ

英語学習サイト「スパトレ」をはじめてみた

こんにちは!

 

今は英語学習サイトっていろいろありますよね。どんどん新しいものが出てきています。それだけ需要があるということなんでしょうね。

 

私も、Italki を1年ほど、DMMは三カ月ほどレッスンを受けたことがあります。

Italki は言語学習パートナーを見つけることもできてとても気に入ってましたが、二年ほど前に香港から上海に本社が移ってしまったので、使わなくなりました。

DMMは手軽で良いんですが、中級以上の教材があまりなく、ニュースを選択してもディスカッションの内容があまり合わないし、やりっぱなしになることも多く止めました。ただ、会話を楽しみたい人は良いと思いますが。

 

現在の英語力は英検準一級、TOEICは2019年に905を取ったことがあります。

ただ、TOEICはまだ点数を上げるのは楽な方で(他の資格試験と比べてという意味で)1、2カ月集中して勉強すればある程度の点数は上げる事が出来たのですが、問題は会話力。

Listening やReadingを中心にやっていたので、自信が持てるところまではなかなか到達できないでいます。よく、広告で見ますよね「900でも話せない‥」というやつ。もちろん、基本的な会話はできるので日常生活に困るレベルではないですが、まだまだジャパニーズイングリッシュから抜け出せない、本当に使える英語では無いなぁと落ち込むことが良くある、そんなレベルです。

 

そこで、なにか良いサイトは無いかなと探していて見つけたのが「スパトレ」

「スパルタトレーニング」から名前を付けたと、どこかで聞いたような・・?

 

本当に感じた事をそのまま書きたいと思います。今日は5回目のレッスンを受けました。

 

1. 授業料が安い‼ 今年値上がりしましたが、まだ税込み¥4900は安いですね。

8000円くらいまでなら受け続けるかな

 

2.とにかく予習に時間がかかる(選ぶ教材にもよると思います)

最初にレベルを測ってもらって、そこから勧められた教材を取り組むのですが、私は中級程度なのでTED-edをやっています。

見た事ある方多いと思います。でも、意味は理解できるのですが、実際に授業までに200words 程度の感想を書き、出てくる単語の意味を英語で説明するくらいのレベルまで予習をするには、2、3時間はかかってしまいます。その上、前回の語彙の復習から始まるので、もー大変です。ホントに「スパトレ」!! そ、こういうのを求めていました!!ちなみに、今日練習したのはscrutiny(精査)その動詞 scrutinize そして、critical thinking(批判的思考)など

 

3.先生はおおむねフィリピン人で英語を教える資格を持った先生。

たまに、直前にネットワーク不良でキャンセルになり、別の先生が担当されることがあります。私は、特に誰でも問題ないので、ちゃんと時間を守ってもらえれば問題ありません。先生によって多少進め方は違いますが、基本的な流れは同じです。予習してきた内容の確認の質問、そしてディスカッション。

先生によっては、提出したライティングの宿題に触れない方もいます。その点について、問い合わせてみたところ、自分から先生に授業中に申し出てほしいとのことでした。普通に待っているのではなく、こちらから要求すればいいようです。

また、真面目な先生または、フリートークにもっていく先生など様々です。ちゃんと教材の内容読みました?という先生もいます。やり方が気に入らなければ次は避けることしが出来ないですね。でも、予約は取りやすいと思うので大丈夫だと思います。

 

4. レッスン終了後直ぐに録画したレッスンが送られてきますので、それを何度も見直して復習することができます。この点を考えただけでも、先生にはすごくプレッシャーですよね。ちゃんと正しい英語を話さないと、録画でばれてしまう訳ですから。

以前、DMMで話した先生は動詞の時制を間違えていたり、普段、英語をあまり話していないようで、スムースに話せない先生はいましたね。DMMならそういう時は、評価を落としますが、スパトレは生徒側から評価する機能はありません。

 

フリートークではなく、あくまでも予習と復習に重点を置いているので、予習や復習をやらない、やれない人には向かないと思います。本当に外国の語学学校の学び方(英語を英語で学ぶ)というやり方です。

今のところ十分内容に満足しているので、3カ月は続けて、どの位上達するのか楽しみです。